スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民間救急車の緊急走行について

【民間救急車の緊急走行について】
消防庁の指導により、「緊急性の少ない患者等の入退院、通院、転院あるいは社会福祉施設への送迎等」とされている民間救急でありますが、搬送の対象は「患者さん」です。
 
私も十数年民間救急乗務員として携わっていますが、生易しい世界ではありません。一刻を争う状況も幾度も経験してきました。消防救急への乗せ替えの余裕も無く、パトカーに先導していただいたこともあります。急激な意識レベルのダウン、直後のCPA、CPRを実施し消防救急への乗せ替えを待ったこともありました。

この様な修羅場を振り返ると、直近医療機関への緊急走行ができたら・・と痛切に思います。
民間救急には、安全走行を担保すべき器材(サイレンや赤色警告灯等)の搭載は一切許可

搬送途上において、生命の危機が迫っている場面での緊急走行くらいは許されるものと考えます。
「日本の民間救急のあり方」を真に考えていくならば、ホットラインを含むこれらの問題を避けては進まないのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 民間救急
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

support99

Author:support99
患者様を毎日運んでいます。病院から病院、介護施設から病院、ご自宅から病院へ。患者様のご様態により、あらかじめ、ご連絡いただきたいことやご準備いただきたいことをまとめてみました。介護施設様、ご家族の方、病院関係者の方にご覧いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。