スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の民間救急

【米国の民間救急】
ここで米国シアトルの公的救急機関「MEDIC-ONE」と民間救急機関「AMR」の活動について、ホームページ「HIGEさんのスポーツ救命救急」を参考までに紹介したいとおもいます。
「MEDIC-ONE」は、緊急性の高い疾患や外傷を負った市民のための救急車であり、緊急性の低い患者は原則的に対象とはしていません。市内には7隊の「MEDIC-ONE」があり、この公的救急機関を有効かつ適性に活用するために、911通報により出動はするが、緊急度が低いと判断された場合は、以後を消防隊に任せ(MEDIC-ONEと消防隊は一緒に行動している)速やかに次の出動に備えるそうです。
 残った消防隊は、緊急性が低い旨を患者に説明し、民間救急機関による医療機関への搬送を希望するか否かを患者に聞き、希望した場合は、消防隊から民間救急隊を要請し民間救急機関に患者を引き継いだ後現場を引きあげるそうです。
 
民間救急機関は全米にあり、シアトルでは「American Medical Response(アメリカン・メディカル・レスポンス)」(通称AMR)が民間救急業務を実施しており、料金は通常400$(約40,000円)とかなり高額ではありますが保険加入者は保険が適用されるとのことです。
「MEDIC-ONE」には「病院間転院搬送」という業務はなく、そういった業務は全て「AMR」がやっていますが、民間救急機関といっても、乗務している救急隊員は専門の訓練を受け、装備も公的機関の救急隊と変わらなく、有料ですからサービスも良く、患者さんの細かい要望にもきちんと応え、市民からの信頼も厚いそうです。

「MEDIC-ONE」も「AMR」も、市民がその利用方法を十分認識・理解しており、公的救急機関「MEDIC-ONE」は、民間救急機関「AMR」のサポートを受けてこそ活動が可能となり、このように米国では公民一体となって市民の生命を守っているという内容でした。
スポンサーサイト

テーマ : 民間救急
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

support99

Author:support99
患者様を毎日運んでいます。病院から病院、介護施設から病院、ご自宅から病院へ。患者様のご様態により、あらかじめ、ご連絡いただきたいことやご準備いただきたいことをまとめてみました。介護施設様、ご家族の方、病院関係者の方にご覧いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。