スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機のストレッチャーを利用した患者搬送

飛行機のストレッチャーを利用した患者搬送
航空機は要望により、客席上に寝台(ストレッチャー)を 準備することが出来ます。
所定の手続きを取れば、患者様の搬送で使用することも可能です。
但し、公共交通機関ですので、伝染するおそれがある感染症の場合は利用できない場合もあります。
また、飛行機の特性上、機内の気圧や酸素濃度が変動します。
心臓や呼吸器及び脳血管の疾病がある患者様は主医師と十分協議のうえ慎重に利用を検討して下さい。

航空機での患者搬送を手配するには
 まず航空会社の相談窓口へ連絡を取ります。ストレッチャーの手配が必要な患者様は、国内線の場合は48時間前までに、国際線の場合は72時間前までに、医師の診断書・同意書を提出し、使用する医療機器の確認を完了しなければなりません。
当社で手続きを代行することも可能ですので、その切はご相談下さい。

ご利用に当っての留意すべき点
1 航空機の機種によっては、ストレッチャーを準備出来ないものもあります。
事前確認と早めの手配をお勧めいたします。
2 ご利用の航空機は出発空港から到着空港まで直通である必要があります。
飛行機を途中空港で乗換えるのは、患者様の状態にもよりますが、困難だと思います。
3 機内ストレッチャーから民間救急車までの移動に関して、航空会社スタッフのみで可能か?
民間救急スタッフの機内乗込みが必要か?主治医・ご家族・民間救急事業者で協議のうえ決
定して下さい。
http://www.zenminkyu.com/joint.html
スポンサーサイト

テーマ : 民間救急
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

support99

Author:support99
患者様を毎日運んでいます。病院から病院、介護施設から病院、ご自宅から病院へ。患者様のご様態により、あらかじめ、ご連絡いただきたいことやご準備いただきたいことをまとめてみました。介護施設様、ご家族の方、病院関係者の方にご覧いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。