スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消防救急と民間救急の違い

消防救急と民間救急の違い

消防救急
緊急性の高い疾患や外傷を負った市民のための公的救急機関。救命を主眼に傷病者の観察と応急処置を行い、速やかに側近の適切な医療機関に搬送することを任務としています。日本全国、電話で119番通報すると、直ちに現場へ直行します。費用は市民の税金でまかなわれるため無料。 
英語略称はEMS ( Emergency Medical Service )

民間救急
緊急性の少ない方の転院・入退院、社会福祉施設等の送迎などに
移動手段を提供するサービス。依頼者の予約により指定された時間・
場所に患者を搬送する。費用は所要時間と搬送距離に応じた料金が
掛かります。
英語略称はMAS ( Medical Ambulance Service )

消防救急と民間救急との違い
緊急性の少ない患者を安全・安心に速やかに目的地へお連れするのが民間救急ですので、消防救急とは異なる
有料サービスとなります。

1.緊急事態に対応するものではないため緊急走行は出来ない
民間救急の車両は車赤色灯やサイレンは搭載していません。信号や法定速度を遵守します。
患者の様態に留意して、快適な走行を心がけています。
2.搬送中に医療法に触れる行為を民間救急の乗務員が行うことは出来ない
民間救急の乗務員が、救命士や看護師であっても、現行法の元では医療行為は出来ません。
但し、搬送に同乗する搬送元病院の医師・看護師は、医療行為可能です。従って、民間救急で患者搬送を行う場合、予め搬送中に医療行為が予定される場合は、搬送 元病院の医師または看護師の同乗が必要になります。
3.希望する医療機関へ搬送が可能
消防救急は緊急性が高い傷病者を側近の医療機関へ搬送するのが原則です。
民間救急は、患者又は家族の希望する病院へ搬送することが可能で、県外や遠隔地、途中、新幹線や飛行機を利用することもできます。(患者様の状態によります)
4.患者急変時の対応
急性期を脱し、病状が固定し、転院が可能になった患者様を搬送するのが民間救急のおもな利用形態です。しかし搬送中に病状が急変し、増悪する場合が絶対に無いとは言い切れません。このような場合、民間救急ではどのような対処をするのでしょうか?
ケース1 急激な意識レベルの低下の後、心肺停止状態に
直に車を停車し、消防救急へ乗せ換え要請、消防救急到着までは車内のAEDを使用した応急手当
(BLS : Basic Life Support 一次救命)を実施。消防隊到着後、応急手当を引継ぎ、消防救急が側近の医療機関へ搬送する。
ケース2 患者が増悪傾向にある場合
直に主治医へ状況を連絡。時々刻々、患者の容態を連絡しながら搬送を継続する。主治医の判断で搬送を中止、消防救急へ乗せ換え要請。(オーバートリアージ)直に車を停車し、消防救急到着まで、主治医の指示に従い応急手当を実施。消防隊到着後、応急手当を引継ぎ、消防救急が側近の医療機関へ搬送する。
ケース3 患者の増悪原因が特定できる場合(例:気道確保の為、喀痰の吸引)
患者様の事前情報では、喀痰の吸引の必要は無く、搬送元看護師の同行も無い状況での搬送。 搬送中、患者は呼吸苦の様子。酸素飽和濃度モニター値が低下、聴診器で呼吸音の確認したところ喀痰が咽に絡んでいる様子。主治医へ状況を連絡。主治医より喀痰の吸引を指示される。
乗務員で当社看護師が患者に付添っているが、医療行為は禁止のため吸引が出来ない。
このままだと患者に深刻な事態が予想される。車を直に安全に停車させ、同乗の家族へ状況の説明と喀痰の吸引をお願いする。家族は吸引の経験が無く、出来ない。
刑法 第37条(緊急避難)に基ずき、やむを得ず当社看護師が喀痰の吸引を実施する。
患者の呼吸苦は緩和され、酸素飽和濃度モニター値は正常値に戻る。
主治医・同乗家族に状況の説明を行い、主治医より搬送の継続を指示される。

このように、当社の民間救急は搬送中に患者様の容態が急変・増悪した場合でも、医療機関や消防救急と連携して、
安心・安全に搬送できる体制を構築しております。

スポンサーサイト

テーマ : 民間救急
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

support99

Author:support99
患者様を毎日運んでいます。病院から病院、介護施設から病院、ご自宅から病院へ。患者様のご様態により、あらかじめ、ご連絡いただきたいことやご準備いただきたいことをまとめてみました。介護施設様、ご家族の方、病院関係者の方にご覧いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。