スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民間救急と寝台タクシーの違い


【参考ホームページ】
全民救
関東民間救急センター
飯倉タクシー
以前、このような事がありました。
ある病院の医療相談室からの依頼で、民間救急車で転院搬送のお迎えに行きました。玄関にいた家族の方より、
「○○のお迎えですか?私は、△△に介護タクシーを頼んでいる。貴社にはお願いしていない。」との事で断られました。帰社の途中、病院より連絡が入り「至急搬送を実施してほしい。戻って下さい。」患者様は、ベッド上安静で点滴と酸素投与を続けながらの搬送で看護師の付添いを要請され、民間救急車でないと対応は難しい患者様でした。介護タクシーは、ストレッチャーは乗せられない小型車で、車椅子のみの対応で酸素や点滴の対処が出来ない車両でした。又、看護師の同行は出来ない様子でした。
 この事例の通り、一般の方は、寝台タクシー・福祉タクシー・介護タクシー・患者搬送車・民間救急などの内容は正確に理解されていません。これらは皆同じようなサービスと思われています。  
 寝台タクシーや福祉タクシーは、タクシー会社が行う寝台又は車椅子が乗せられるタクシー。
 介護タクシーは、訪問介護事業所やタクシー会社が行うヘルパー2級以上の介護士の乗務員が乗降の介助を行うタクシーで、タクシー料金に加えて介護料が加算されます。事業所によっては、自宅での身体や排泄の介助・行き先での付添いなどが可能です。  
 患者搬送車は、所轄の消防より認定をうけた事業者が行う患者搬送事業で、患者搬送適任証を所持する2名の乗務員が病院からの転院や退院などを行います。この内、医療資器材を搭載し、医療処置継続の搬送が可能なものを当社では民間救急と呼んでいます。
  ここでは、患者が寝た状態で搬送される事を想定して、寝台タクシーと民間救急を比較し、更に、消防救急と民間救急の違いを説明し、民間救急を理解していただきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 民間救急
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

support99

Author:support99
患者様を毎日運んでいます。病院から病院、介護施設から病院、ご自宅から病院へ。患者様のご様態により、あらかじめ、ご連絡いただきたいことやご準備いただきたいことをまとめてみました。介護施設様、ご家族の方、病院関係者の方にご覧いただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。